黄ぶな土鈴

栃木県宇都宮市の「黄ぶな土鈴」です。黄色が鮮やかなきれいな土鈴です。大きさは高さが7cmです。

※黄ぶな伝説
昔、宇都宮で天然痘が流行しました。村人が病気に苦しむ人に食べさせようと田川で釣りをしたところ大きい黄色いフナが釣れました。病人に食べさせたところ病気はすっかり治りました。村人たちは神様に感謝して黄ぶなの形をしたものを毎年お供えをしたそうです。
(田川は宇都宮にある川)


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック